どこよりも早いクリアウォーターアナリティクス(NYSE:CWAN)分析

この記事はお忙しい投資家さんでもざっくり 8 分くらいで読めます!こんにちは!
今日も🍮🍮を食べながらチャートとにらめっこしているきゃわい(@InvestorCawaiQ )です。

今回は柄にもなく銘柄分析をします。
せっかく投資したのだからちゃんと調べようと思ったのと備忘録です。

銘柄名はクリアウォーターアナリティクス(NYSE:CWAN)です。
では早速見ていきましょう。

企業概要

クリアウォーターアナリティクスと聞いて最初は水関連銘柄かと思いましたが全然違いました。
どうやらSaaSベースの企業会計及び投資サービスを展開している様です。

以下、Yahoo!Finance US版のサマリーを翻訳しました。

Clearwater Analytics Holdings, Inc.は、自動化された投資会計、データ管理、レポーティングのためのSaaSソリューションを開発、提供しています。投資ポートフォリオデータの自動データ集計・報告ソリューション「Clearwater」を提供しています。また、コンプライアンスポリシーのモニタリング、パフォーマンス測定、リスク分析などのレポーティングツールを提供しています。同社は、企業、保険会社、投資マネージャー、機関投資家にサービスを提供しています。Clearwater Analytics Holdings, Inc.は、2021年に法人化され、アイダホ州ボイシに本社を置いています。また、ニューヨーク州ニューヨーク、英国のロンドンとエジンバラ、インドのノイダ、フランスのパリ、シンガポールにもオフィスを構えています。

時価総額は$4,39Bです。
フルタイム従業員は1,259名との事です。

財務内容

次に財務内容を見てみましょう。気になりますね。
普段、使用しているサイトでは新規IPO銘柄でまだ掲載されていませんでしたので、こちらもYahoo!Financeからデータを見てみます。諸々のデータの単位はUSDです、念のため。

こちらはまず損益計算書の抜粋です。

TTM 2020年12月30日 2019年12月30日
総収入 225,883 203,222 168,001
営業収益 225,883 203,222 168,001
粗利益 169,613 149,959 120,856
一般管理費 51,627 43,874 36,802
販売費およびマーケティング費 29,668 22,243 19,082
研究開発費 63,769 55,262 39,275
営業利益 -24,449 -20,418 25,697
税引前利益 -53,653 -43,328 7,805
当期純利益 -54,665 -44,230 7,732
希薄化後EPS -0.25 0.04
報告された総営業利益 -24,449 -20,418 25,697
支払利息 29,204 22,910 17,892
純利息収入 -29,204 -22,910 -17,892
EBIT -24,449 -20,418 25,697
EBITDA -21,813
調整された収益コスト 56,270 53,263 47,145
調整済み減価償却 2,636 2,271 2,019

なんだかパッとしませんね。

次にバランスシートです。

2020年12月30日 2019年12月30日
総資産 115,559 63,968
負債合計純少数株主持分 460,167 264,690
エクイティ総少数株主持分 -344,608 -200,722
総資本化 77,219 43,349
普通株式エクイティ -344,608 -200,722
純有形資産 -344,608 -200,722
運転資本 63,314 32,253
投資資本 80,296 46,149
有形簿価 -344,608 -200,722
総債務 424,904 246,871
純負債 363,816 226,617
発行済み株式 176,987 176,987
普通株式数 176,987 176,987

最後にキャッシュフローも見ておきましょう。

TTM 2020年12月30日 2019年12月30日
営業活動によるキャッシュフロー -34,373 -6,486 -230,029
キャッシュフローへの投資 -3,651 -3,806 -3,372
資金調達キャッシュフロー 50,225 51,041 237,715
エンドキャッシュポジション 40,921 61,088 20,254
所得税の補足データ 421 429 68
利払い補足データ 25,562 22,182 12,252
資本的支出 -3,651 -3,806 -3,372
資本金の発行 1,560 0 137,000
債務の発行 202,688 202,688 105,000
債務の返済 -22,571 -21,557 -463
資本金の買戻し -1,193 -567 -3,780
フリーキャッシュフロー -38,024 -10,292 -233,401

ところで皆さん、TTMって何だかご存知ですか??私は概念としては分かっていたのですが、なかなか説明できなくて困っていました。あるサイトに分かりやすい表現がありましたのでご紹介します。

TTMとは直近四半期までの一年分の業績のこと(Trailing Twelve Month)

あまり日本の会計では見ない気がします。

事業内容

こちらもあまり詳しいデータがないので公式サイトから読み解きます。

クリアウォーターは、毎日数千のアカウントにわたって5.6兆ドルを超える資産を集計、調整、およびレポートします。当社のシングルインスタンス、マルチテナント投資報告ソフトウェアにより、クライアントは現在の運用プロセスを根本的に簡素化し、より高い精度、速度、およびスケーラビリティを確立できる。

世界中の投資専門家は、自動化された投資会計、集計、調整、およびレポート作成のためにクリーンウォーターアナリティクスのSaaSソリューションを選択している。

投資会計、調整、およびレポートに比類のない正確性、透明性、およびスケーラビリティをもたらします。Webベースのソフトウェアとワールドクラスのクライアントサービスを提供して、投資会計の合理化、投資ポリシーのコンプライアンスの監視、ポートフォリオのパフォーマンスとリスクの分析を支援。

まあ、公式サイトを翻訳して抜粋しただけですが、事業としては面白いと思いますね。

CleanWaterAnalytics 公式HP

主な取引先としてはFacebookやDELL、CISCO、Spotify、その他の機関投資家が見受けられます。

今後の見通し

事業内容が良い、ユニークだから、革新的だから、そんな理由で株価が上がったり下がったりする訳ではないですからね、分からないです。
一つ言えることは、跳ねたら(上がったら)躊躇なく売ります。

今回はこの辺でおしまいにします。

SNSでフォローする
PAGE TOP